私の結婚式の1番の思い出

結婚式お互いの家族だけで執り行いました。小さな式場で二人で行うのもいいと思ったのですが、彼がぜひお互いの両親と兄弟、姉妹を招待しようと言ってくれました。それだけでも嬉しかったのに、きちんと私の家族に「この人を幸せにします」と目の前で言ってくれました。私は「一緒に幸せになるんだよ」と言い、一緒に笑うことが出来たのが思い出です。ですが、結婚式の途中で具合が悪くなってしまい、両親や姉妹にはもちろん、彼の家族にも迷惑をかけてしまいました。具合がよくなったとき、すぐに謝ったのですが、彼が「お前は俺の家族、こんなときに心配しないのはおかしい」と言ってくれて、それだけで十分幸せになることが出来たのが嬉しかったです。
小さな教会で挙げた結婚式ですが、大きくて立派な式場をかりて挙げていた友人たちの姿が思い浮かびました。幸せそうだったその姿を自分に重ねたところ、彼もそれを思い出したのかお互いに見詰め合ってしまいました。そこから笑ってしまって大変でしたが、それも幸せな時間だと思いました。結婚式は最後までゆっくりとした時間が流れているようで、その場所だけ別世界のようでした。大切な人と一緒に特別な時間を過ごしているのだと感じることが出来て、さらに自然も感じることが出来る場所だったので、気持ちもリラックスすることが出来たのでよかったです。

結婚式が終了するときになんとなくお互いに視線があったので「幸せにするからね」と私が言ったところ、彼が「幸せには簡単になれるよ、でも不幸にしないというのは難しいよね」と言い出しました。いきなり何を言っているのかと思ったときに「俺を不幸にしないでね、俺は君を不幸にしたくない」と言って、私を見つめて「不幸にしないのはすごく難しい、だから一緒に考えていこう」と言ってくれました。この言葉が1番の思い出です。幸せな時間は今過ごしていると感じていた私と、不幸にしないために覚悟を決めた彼は同じ時間を過ごして結婚をすることになったのだと改めて思い、感動しました。自分の1番大切な人を不幸にしないための儀式は、彼との最高の思い出になりました。

現在は新しく一人家族が増えて、今度は二人で一緒にこの子を不幸にしないために頑張っています。彼の「不幸にしないための覚悟」は今も続いています。私自身も改めて家族を幸せに、そして不幸にしないための努力を続けていこうと思います。最高の思い出と覚悟を決めることが出来たあの時間は、1番の思い出になっています。