健康子育てナビTop >  ヘルスケア・ダイエット >  歯の治療法と耐用年数

スポンサーリンク

歯の治療法と耐用年数

img_dental.jpg歯の治療は、虫歯が痛みだしたり、差し歯や銀歯がとれてしまってから歯科医を訪れて行なうことが多いものです。歯のトラブルは初期に自分で気づくことが難しいので、痛みがかなり酷くなるまで放置しがちになりますが、早期の治療が遅れてしまうと、歯の健康にも、支払う治療費にも大きなマイナス要因になってしまうのです。

代表的な歯の治療法としてレジン充填、インレー(詰めもの)、クラウン(被せもの、差し歯)、ブリッジなどがあります。おのおのの治療法によって治療した歯にトラブルが起こった場合の年数を平均したものを比較(新版「歯科」本音の治療が分かる本・参照)すると、およその耐用年数は、保険適用で一般的なプラスチックのレジン充填治療は5.2年。金属やセラミックで詰めものをするインレーで5.4年。金属やセラミックで被せものや差し歯を作るクラウンだと7.1年。両側の歯を土台に、人工の歯を作って埋めるブリッジでは8.1年となっています。

耐用年数は個人の歯の状態や歯科医の技量によってさまざまです。レジン充填は虫歯菌が増殖した部分を削って除去したあとにレジンという歯科用のプラスチックを詰める方法で金属製より摩耗しやすいですが耐久性は進歩してきています。インレーの場合は力のかかりぐあいのひずみや虫歯の再発によって外れやすくなります。クラウンでは、虫歯の再発や歯周病、根管治療の予後不良などのトラブルが多くなり、ブリッジは左右で支えている歯が虫歯になってしまうとダメになってしまいます。

歯の治療法は一般的に「削って詰める」ことが多くなりますが、歯はいったん削ってしまうと耐久性が急低下するうえ、詰め物や被せものは汚れが付きやすくなり、虫歯のリスクがかえって高まってしまうことが多いのです。一度手を加えた歯は元に戻ることができないので、虫歯になる前に定期的なチェックを受ける習慣をつけることが重要です。

そのリスクを防ぐには、やはり定期的な予防メンテナンスを行なうことが必要です。代表的な予防処置としてPMTCと呼ばれる歯のクリーニング法は専用の治療器で歯垢の除去やフッソ塗布などを行なうものがあります。これは保険の適用外であるため一万円前後の治療費がかかりますが、信頼できる歯科の主治医を見つけて、定期的なチェックをするように心がけたいものです。

虫歯予防グッズの製品ラインナップ

スポンサーリンク

歯の治療法と耐用年数の関連記事

健康子育てナビTop >  ヘルスケア・ダイエット >  歯の治療法と耐用年数

▲歯の治療法と耐用年数トップへ↑

スポンサーリンク

▼楽天市場

Information