健康子育てナビTop >  ヘルスケア・ダイエット >  お腹のぽっこり解消法

スポンサーリンク

お腹のぽっこり解消法

お腹の張りや下腹のぽっこりに悩んでいる人は多いもの。おなかは普段動かすことが少ないので脂肪がつきやすいのです。おなか太りは、便秘やガス腹、食べ過ぎや運動不足、姿勢の悪さなどの原因が重なりあって起こることが多いので解消法もさまざまです。自分のタイプを確認して、適切な解消法を選び、上手にお腹のぽっこりを改善しましょう。

◆下腹部がぽっこり出ている人は...
お腹の下のほうがぽっこり出てしまっている人に多いのが運動不足による内蔵の下垂です。胃腸を支える筋肉が衰えると、胃や腸が下がってしまい、下腹部がぽっこり出てしまうことに。こうなると胃腸の働きも低下するので便秘になりがち。便秘になると小腸にガスがたまってガス腹になってしまうので、さらにお腹ポッコリという悪循環に陥ってしまいます。
下腹部のぽっこりを解消するには、まずは運動からです。内蔵の下垂には深部筋を強化する運動が効きます。大また歩きや太もも上げなどが効果的です。また便秘やガス腹を解消するのも効果的。腸内環境を整える食物繊維や乳酸菌などの発酵食品を食べたり、ビフィズス菌を活性化する天然オリゴ糖などを積極的に摂るようにすると良いでしょう。

◆内臓脂肪と皮下脂肪でぽっこりしている人は...
脂肪がたっぷりでお腹がぷよぷよしている人は、食べ過ぎと運動不足が原因のことが多いです。これらの場合は通常のダイエットと同じように、生活習慣を改善は必要です。食事の内容や食べ方を改善したり、運動の習慣をつけるように心がけましょう。またストレスを貯めないようにすることも大切です。
脂肪でお腹ぽっこりの人は、有酸素運動をして体の脂肪を燃やすようにするのが効果的です。まずはウォーキングなどからはじめ、体を動かす習慣をつけて行きましょう。食べ過ぎを改善して摂取カロリーを減らすことも重要です。なかでも脂質の少ない料理を選んで食べましょう。揚げ物を減らし、蒸し料理や焼き物にシフトするなどが効果的。また間食や深夜の食事を避けるのもポイントです。
ボクサーが実践しているダイエット方法をご紹介!


◆ずん胴とぜい肉でお腹のくびれがない人は...
ずん胴は日本人に多い体型ですが、体がゆがんでいたり姿勢が悪かったりすることも原因になります。これが骨盤にゆがみを生じさせて脇腹に脂肪が付き、お腹のくびれがなくなってしまう場合もあります。
ウエストのくびれを作るには、わき腹の筋肉を鍛えることが効果的です。わき腹にひねりを加えるような運動を取り入れましょう。バランスの良い食事を心がけ、タンパク質など筋肉の素になる栄養素を多くとるようにするのも重要。また正しい姿勢を保つよう、日々の生活習慣に気をつけてください。
ジーンズが似合う体型に骨盤をリセット

スポンサーリンク

お腹のぽっこり解消法の関連記事

健康子育てナビTop >  ヘルスケア・ダイエット >  お腹のぽっこり解消法

▲お腹のぽっこり解消法トップへ↑

スポンサーリンク

▼楽天市場

Information