スポンサーリンク

眼精疲労のおもな原因

現代生活における眼精疲労の原因には次のようなものがあります。最も多いのが目の酷使で毛様体筋にコリが生じて眼精疲労となります。他にもストレス、老眼、合っていないメガネ、コンタクトレンズ、紫外線、偏った生活習慣などがあげられます。


CLGG(シーエルジージー)【目の若返りを目指す栄養補助食品!】
CLGG(シーエルジージー)
目の若返りを目指す栄養補助食品

眼精疲労の回復には抗酸化成分のクロセチン、DHA、カロテンを摂取しましょう。

眼精疲労の主な原因に目の筋肉のコリがありますが、このコリをとってくれるのが、クロセチンという成分です。

目は毛様体筋という2つの筋肉が伸び縮みして、レンズ(水晶体)の厚みを変化させてピントを合わせています。近くのものを見るときには毛様体筋を緊張させてレンズを膨らませますが、この緊張状態が長く続くと筋肉がこってしまい、目が疲れるのです。さらに目のまわりの毛細血管が硬くなったり血液がドロドロに濁ってくると、細胞や神経に十分な栄養と酸素を供給することができなくなり、眼精疲労はどんどん悪化してしまいます。

クロセチンはクチナシの花に含まれる黄色の色素でカロテノイドの一種です。日本では古来より、きんとんなどの和菓子の着色料として使われてきました。クロセチンは目の血流を促進するほか、抗酸化作用や抗炎症作用にも優れている成分です。これらの作用が目の毛様体に働いてコリを柔軟にほぐしてくれると考えられています。

また、網膜にはカロテンが働いています。カロテンはカボチャやニンジンなどの緑黄色野菜に含まれる色素成分で、活性酸素を抑え、必要なときにはビタミンAに変換されて、角膜の潤いと弾力を保っています。

そして、視覚情報を脳に送る視神経は、DHAという成分の働きによって脳への情報伝達を円滑に保っていると考えられています。これら3つの成分、クロセチン、カロテン、DHAが目の重要な部位のそれぞれに機能して眼精疲労を回復し、目の健康を維持しているのです。

◯対策は→ 眼精疲労回復アイテム&サプリメント ラインナップ一覧


クロセチンは血液をきれいにして毛様体のコリをとり眼精疲労を回復します。

目の周辺や網膜には非常に多くの毛細血管がめぐっており、この中を血液が通って酸素と栄養を送り届けています。眼精疲労を軽減・回復するには、これらの血流を良くすることが必要です。

スポンサーリンク

クロセチンは抗酸化作用を持ち、血液をサラサラにするばかりか、分子量がたいへんに小さいため、毛細血管を通過してコリの原因である毛様体に直接働きかけることができるようです。

クロセチン、DHA、カロテンの3成分が、目の3つの機能(調節・視覚伝達・網膜)にそれぞれ働きますので、眼精疲労には同時に摂取するとより効果的です。血液がキレイになると、目ばかりでなく、生活習慣病の予防や美容、美肌にも働いてくれますので、緑黄色野菜や青背の魚などを積極的に食べるようにしましょう。

しかし、普段の食事からDHAやカロテンの必要量を得ようとするのはなかなか困難ですし、クロセチンは食物からの摂取が困難な成分なので、サプリメントを活用するのをおすすめします。

眼精疲労は放置していると、頭痛・肩こりや手足のしびれなどの全身の不調につながり、さらには鬱状態などを引き起こす場合もあります。クロセチン、DHA、カロテンの摂取で眼精疲労を回復しましょう。


肩こり・首のこり解消枕「肩と首のスッキリピロー」
ネックウォーマー型磁気サポーター「メディカルマグネッカーDX」