スポンサーリンク

痛風とストレスと尿酸値

痛風を発症している人の95%は男性で、予備軍となる高尿酸血症の患者さんは約300万人もいるといわれます。女性に少ないのは女性ホルモンが尿酸の排泄を促すからと言われています。また尿酸値の上昇とストレスの関係が指摘されています。ストレス解消のための暴飲暴食は痛風には良くありませんのでご注意ください。


プリン体+お酒を飲むとできる乳酸が尿酸値を上げて痛風の原因となります。

痛風は男性に多い症状で、血液中の尿酸値があがって手足の関節や足の親指の付け根などに激痛が走ります。この尿酸値を上げる原因のひとつと言われているのがプリン体で、毎日の飲酒が痛風の原因になると良く言われます。


プリン体はお酒にも含まれていますが、実はレバーや肉、魚などに比べると含まれている量はかなり少ないのです。プリン体が気にかかるからお酒を控えたり、プリン体カット表示のあるビールや発泡酒を選ぶ人も多いかと思いますが、ではなぜお酒のプリン体に注意する必要があるのでしょう。

お酒のアルコールが肝臓で分解されるときに乳酸ができますが、この乳酸が尿酸の排泄を妨げて尿酸値を上げてしまうのです。適量の尿酸は血液中や関節液に溶けた状態で存在しているのですが、濃度が高くなると結晶化してしまいます。

関節液の中で尿酸が結晶になると白血球がこれを外敵とみなして攻撃するので痛みが発生します。これが痛風の発作なのです。血液中の尿酸の値が7.0mg/dlを超えると「高尿酸血症」と呼び、痛風の黄信号状態です。

痛風の予防に重要なことは尿酸値を上げすぎないような飲酒や食事を習慣づけることですが、目安として、飲酒量は1日ビール中ビン1本程度にし、週に2回の「休肝日」を設けること。食事を含めた1日のプリン体摂取量を400mg以下に設定すると、痛風の予防に効果がありそうです。

◯即効→ 30分でウエスト最大─8cm?


プリン体を多く含むお酒は醸造酒。食品ではレバーや魚の内臓に多く含まれます。

お酒に含まれるプリン体は醸造酒のビールや紹興酒に多く存在し、ウィスキーや焼酎などの蒸留酒にはほとんど存在しません。お酒各種100mlに含まれるプリン体の含有量(mg)は、おおむね 焼酎=0、ウィスキー=0.1、日本酒=1.2〜1.5、ワイン=1.6、発泡酒=0.1〜3.9、ビール=3.3〜8.4、地ビール=4.6〜16.7、紹興酒=7.7〜11.6などとなっています。地ビールや紹興酒などの醸造酒に多く含まれるのは、原料の酵母自体に含まれているプリン体が多いからなのです。

スポンサーリンク

また食品100gに含まれるプリン体をあげると、きわめて多く含む(300mg以上)のが、鶏のレバーやアンコウの肝、白子、かにみそ、マイワシの干物など。次いで多く含むものに、豚・牛レバーやカツオやアジの干物などがあります。

プリン体は鰹節などの旨味成分に多く含まれていて、代謝の過程でからだのエネルギー源になるATPを作る重要な栄養素ですが、摂り過ぎると余ってしまった分が分解されて最終的に尿酸に変化します。これが血液や関節液内で蓄積・結晶化して痛風の原因になってしまうのです。

◯対策は→ 痛風と食事 高尿酸血症関連書籍一覧

痛風予防のポイントは摂取するプリン体の量を減らすことと休肝日の設定。毎日飲酒を続けると痛風を発症する危険が2倍になるそうですので注意しましょう。

◯痩せたい→ 空腹が不安な方も大丈夫!最短48時間の断食ダイエット