健康子育てナビTop >  育児のヒント >  人気の子供用自転車

スポンサーリンク

人気の子供用自転車

img_minibicycle.jpg子供用自転車でロングヒットしているピープル(People)の「いきなり自転車」シリーズ。ふつうは三輪車→自転車と進むのですが子供の成長は早く、どちらも使用できるスパンが短いので経済的に不合理でした。その問題を解決したのがヒットの理由です。「いきなり自転車」は三輪車を跳ばして2歳から6歳まで乗れる工夫が凝らされている、人気の子供用自転車ブランドなのです。

ピープルは知育玩具などを製造販売しているメーカー。2001年に「いきなり自転車」を発売して人気を呼び、その後改良を加えた「いきなり自転車2」に、かじとり式や折りたたみ式、さらに軽量化した軽合金プレミアムなどの子供用自転車シリーズがラインナップされています。製品のキャッチコピーは「三輪車パスして、いきなり自転車シリーズ」。そのネーミングのとおり、子供の乗り物の三輪車をパスして、いきなり自転車に乗って小学校入学まで、長く乗れることをコンセプトにした商品で、両親のムダな出費を抑えてくれることも人気の理由。通販でも購入できます。

小さな子どもが2輪の自転車に乗るのは至難のワザ、なので三輪車から入るのが一般的なのですが、「いきなり自転車」にはサドルの後ろに舵取り式の押し手棒が装着されているので、これを親が持ってバランスをとることで子供が安全に安心して乗ることができるしくみになっています。また非常に低い位置に設定され、小さな子供でもしっかり足つきできるサドルとハンドルが、成長に合わせて十数センチも伸びる工夫がされているので、2歳から小学校入学までロングスパンで乗れるのです。

「いきなり自転車」シリーズには12インチと14インチがあり、かじとり式の押し手棒は、ハンドルと連動しているので子供が公園に行くまでの道路の行き帰りも安全で楽ちんです。また、折りたたみ式のモデルは玄関先などでのコンパクト収納や車での移動にも便利。スタンドが付いているので折りたたんだ状態でも自立します。軽合金プレミアムのモデルは、軽量なアルミ合金を採用して本体の重量を3kgもカット。重さ約9.5kgで持ち運びも楽なうえ、屋外の保管で、さびにくいのもうれしい仕様です。

三輪車の実働期間は1年程度なので、1万円前後の出費は考えもの。それに産業廃棄物を増やすのもエコじゃありませんね。かわいいキャラクター自転車や海外有名ブランド自転車にも目移りしますが、こんな時代ですから...。おじいちゃんにプレゼントしてもらうのは、三輪車?それとも、いきなり自転車?

◯People いきなり自転車 かじとり式(ピープル):対象年齢2歳から。重さ約11.2kg。実勢価格は16000円前後。

People いきなり自転車の製品ラインナップ(Amazon.co.jp)
子供用自転車の価格比較(楽天市場)

スポンサーリンク

人気の子供用自転車の関連記事

健康子育てナビTop >  育児のヒント >  人気の子供用自転車

▲人気の子供用自転車トップへ↑

スポンサーリンク

▼楽天市場

Information