健康子育てナビTop >  マタニティ >  マタニティ用 抱き枕

スポンサーリンク

マタニティ用 抱き枕

img_mogumama.jpg抱き枕は、眠りの安心感や癒し効果を得られると人気の商品でボディピローなどとも呼ばれています。そしてマタニティグッズとして妊婦をサポートするための専用の抱き枕も発売され話題になっています。妊娠中は片ひざを曲げた状態で横向きに寝ると、たいへん楽な姿勢がとれるので、これを「シムスの体位」と呼んでいますが、マタニティ用の抱き枕を抱きかかえて寝る姿勢がこのシムス体位をサポートしてくれると言う訳です。

マタニティ用抱き枕の代表的な製品に、MOGU ママ ホールディングピローがあります。胎児が大きくなってくると普段の体勢で眠ることが苦しくなってきますが、MOGU ママ ホールディングピローを横抱きして寝ると自然にシムスの体位に適した姿勢をとれるので、大きなお腹でも気持ちよく安眠しやすいような設計になっています。妊娠中だからこそ、きちんと睡眠をとって健康な体を維持したいもの。そういう意味で抱き枕はマタニティグッズの隠れたスグレものなのです。また産後も授乳クッションなどに使えるほか、一般のボディピローとしても便利です。

MOGUのマタニティ用抱き枕の抱きごこちは、やわらかく、ムニュっとした不思議な触感ですが、これはMOGU ママ ホールディングピローの中素材のパウダービーズによるもの。直径わずか0.5mmの極小ビーズが、妊婦の動きに合わせて流動し、体に余計な負担をかけないように工夫がされています。体圧分散に優れ、偏りも少なく弾力性も高いので、とてもリラックスできる素材です。また気密性、保湿効果などにも優れ、首や腹部の冷え性やコリのサポートもしてくれます。

カバーの素材生地にはヨモギから抽出されたエキスが配合され素肌にやさしい仕様。肌に触れる部分は触感の良いパイル地が採用されているほか、妊婦の腹部にあたる部分には、水着などに使用される伸縮性の優れた素材が使用されています。カバーは取り外して丸洗いが可能なので清潔に使用できます。

◯MOGU ママ ホールディングピロー 抱き枕(モグ):素材 パウダービーズ。パイル部 綿57%ポリエステル43%。伸縮部 ナイロン82%ポリウレタン18%。サイズ 約50x110cm。重さ約1.35kg。日本製。実勢価格は8000円前後。

マタニティ用抱き枕の製品ラインナップ

スポンサーリンク

マタニティ用 抱き枕の関連記事

健康子育てナビTop >  マタニティ >  マタニティ用 抱き枕

▲マタニティ用 抱き枕トップへ↑

スポンサーリンク

▼楽天市場

Information