健康子育てナビTop >  サプリメント・健康食品 >  プロバイオティクスと乳酸菌

スポンサーリンク

プロバイオティクスと乳酸菌

img_probiotics.jpgプロバイオティクス(probiotics)は、腸内のバランスを改善して、健康に役立つ働きをする生きた菌のことで、体に感染した細菌をやっつける抗生物質(antibiotics)に対比することで名付けられた言葉で、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌がよく知られています。それに対して大腸菌やブドウ球菌、ウエルシュ菌などの健康に有害な働きをする悪玉菌があり、両者は常に腸内で勢力争いを行なっています。プロバイオティクスとは体内の善玉菌を増やして腸内細菌のバランスを保ち、病気になりにくい体を作る予防医学のことを指します。

プロバイオティクスはもともと腸内にいる善玉菌を増やし免疫力を高める援軍の役割をしてくれますが、ずっと棲み付くことはなく、役目を終えると体外に排出されてしまうので、適量を毎日とり続けることが大切になります。プロバイオティクスを多く含む食品には、ヨーグルトや乳酸飲料などの乳製品をはじめキムチや漬け物などの発酵食品があります。またビフィズス菌や乳酸菌を生きたまま錠剤にしたサプリメントも市販されています。

ビフィズス菌や乳酸菌などのプロバイオティクスは、小腸においては免疫システムを刺激して免疫力を高める働きをし、大腸では便秘や下痢を防ぐなど腸内細菌のバランスを整えて健康な排便を促します。その他にも消化や吸収を助けたり、血中コレステロールを下げる働きをしたり、ビタミンを生成したりしてくれます。

加齢が進んでくると、腸内に棲んでいる自前の善玉菌が減少してくるため、中高年の人はプロバイオティクスの力を借りて善玉菌を増やし腸内環境を整えると良いでしょう。効果の目安は個人差もありますが、乳酸菌を多く含むヨーグルトの場合なら、最初は1日100gくらいからはじめ、毎日200g以上食べる習慣をつけるのが良いようです。長続きさせるには、水分や食物繊維とともにバランスよく摂り続けることが大切で、毎日快便が続くようになればその効果を実感することができます。

またプロバイオティクスを増殖させる食品として、オリゴ糖などのプレバイオティクスがあります。これらは善玉菌のエサとなるだけでなく、ぜん動運動を促して便秘のを改善するなど自ら整腸作用も持ちます。オリゴ糖を多く含む食品にはアスパラガス、ゴボウ、バナナ、麦などがあります。プレバイオティクスを含んだ特定保健用食品も発売されており、これらの食品を上手に利用して腸内環境を整えれば、肥満のコントロールをはじめ健康を維持する効果があると注目されています。

スポンサーリンク

プロバイオティクスと乳酸菌の関連記事

健康子育てナビTop >  サプリメント・健康食品 >  プロバイオティクスと乳酸菌

▲プロバイオティクスと乳酸菌トップへ↑

スポンサーリンク

▼楽天市場

Information